読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おーでころん

日々、思ったことをつらつらと書いていきます。意識高いわけじゃなくて、日々考えて生きたいだけ。

元無神経ダメ男が「気の利く人」と呼ばれるようになった4ステップ

どうも、おでです。

 

 

最近、っていうか

バイトをするようになってから特に

 

 

昔の自分と違うなー

 

 

って思うことが増えたんですよ。

 

 

具体的に何が、っていうと

昔、特に高校時代に比べて

 

 

「気が利くなあ」

 

 

って言われることが増えたんです。

 

 

中学、高校時代の俺を

知っている人からすると

 

 

「え、いやお前が?」

「また話盛ってるやん。」

 

 

と言われそうですね。

 

 

あの時の僕を知っている人なら

特にわかってくれると思うんですけど

 

 

僕本当に気が利かなかったんです。

 

 

いや、別に今も自分のことを

気が利く男だ、とは思っていませんよ。

 

 

実際に、今でも

気が利かない、と怒られることのほうが

褒められることより多いですし。

 

 

でも、昔よりは「気が利く」と

言われるようになってきたのも

事実なんですよね。

 

 

「あんなに気が利かないって言われてたのに、

なんでだろう?」

 

 

って、自分なりによく考えてみたんですよ。

 

 

そこで、1つ思いつきました。

 

 

僕は、「気が利かない人」から

「気が利く」と言われるようになるまで

 

 

誰でもできる、

『ある4ステップ』を

踏んでいただけなんです。

 

 

その4ステップとは、何か。

 

 

①「気の利かない人」

②「気の付かない人」

③「気の付く人」

④「気が利く人」

 

 

この4ステップです。

 

 

この4ステップを踏めば

本当にどんなに気の利かない人でも

 

 

「気が利く」と言われるようになります。

 

 

では、それぞれ説明していきます。

 

 

①の段階の人は、そもそも

気を利かせようとしていません。

 

 

だから、周りもみないし

相手のことも考えられない。

 

 

僕の場合、特に

中二病だったときは

この状態でしたね。

 

 

「自分さえよければいいから」

 

 

と、なぜかプライド高く考えちゃって

周りのことを考えない。

 

 

この中学校の時の経験のせいで

高校時代は苦労しました。

 

 

「お前は気が利かない」

と、言われ続けましたから。

 

 

この段階の人は、まず

周りの人のことを考えられるようになるために

 

 

「気の利く人になろう」

 

 

という意識を持つことが大切です。

 

 

①の段階を終えた後。

 

 

②の段階の人。ここが一番の難関です。

 

 

「気が利かない」原因は、

 

 

「気が付けない」からなんです。

 

 

例えば、

 

 

上司や先輩のビールのグラスが

空になっていることに気が付かない。

 

 

バイト先で、同僚が

困っているそぶりを見せていることに

気が付かない。

 

 

…などなど。

 

 

この段階の人に多いのは

 

 

「気が利かない」と怒られる

「手伝ってほしい」と非難される

 

 

…といったように、

他人に文句を言われることなのです。

 

 

さて、この人たちに必要なことは何か。

 

 

それは、

「怒られた理由を考えること」です。

 

 

「なぜ今怒られたのか?」

「何をすれば喜ばれたのか?」

 

 

それを考えて、覚えておいてください。

 

 

それを蓄積すると、

③の段階に移れます。

 

 

で、③の段階の人は、あと一歩。

 

 

この段階の人は、

 

 

「他人が困っているのに気が付いているけど行動に移し方がわからない」

 

 

となっていることが多いんです。

 

 

だから、まずは怒られてもいいので

 

 

「あれ、もう少しお飲みになりますか?」

「何か手伝いましょうか?」

 

 

と、声をかけてみましょう。

 

 

そこで怒られてしまったり、

拒否されたとしても

 

 

もう一度

「なぜ怒られたのか」

「どうすれば喜んでもらえたのか」

 

 

を、考えればいいんです。

 

 

それを繰り返していれば、いつの間にか

 

 

④「気の利く人」と言われるようになります。

 

 

もう一度言っておきますが、

僕は別に自分が

気の利く男だと思っていません。

 

 

でも、昔より

そういわれることが多くなったのは事実です。

 

 

もし、あなたが普段

 

 

「お前は気が利かない」

 

 

「もっと人の気持ちを考えてくれ」

 

 

と言われることが多いのなら

 

 

文句を言われたことに対して

イラッとする気持ちをおさえて

 

 

「なぜ怒られたのか」

 

 

考えてみるようにしてください。

 

 

そうすれば、

「気の利く人」と

呼ばれるようになる日も目前です。

 

 

では、今日はこの辺で。

「個性」は身に着けるものじゃない。

どうも、おでです。

 

 

ブログを始めて3日目。

  

 

いきなりリクエストもらったので、

そのことについて

書かせていただきます。笑

 

 

いきなりなんですけど

 

 

あなたの個性って何ですか?

 

 

「そんなのこたえられないよ…」

「うーん、自分ではわからないな…」

 

 

って声が上がってきそうですね。

 

 

なんか、よく

自分の個性について

悩んでる人がいるんですけど

 

 

個性って、自分で作ろうとしても

できないと思うんですよ。

 

 

これは僕の意見なんですけど、

 

 

その人の個性って

手作り弁当と同じだと思うんです。

 

 

「意味が分からない」

「しょうもないたとえだな…」 

 

 

と言われそうですが

1分だけ、僕に説明の時間をください。

 

 

人を、一つのお弁当だとしましょう。

 

 

無理に個性を作ろうとする人は、

 

 

おかしいと分かっているのに

とにかく「変わったお弁当」を作ろうとしてる

 

 

そんなイメージです。

 

 

例えば、ご飯にクリームかけるとか

チョコレートをまぶしてみるとか。

 

 

明らかに、おかしいですよね。

 

 

一見個性的には見えますけど

これって、変わったことをしているだけで

 

 

魅力はないじゃないですか。

 

 

あるいは、

 

 

「個性=オリジナル=1から作り出すもの」

 

 

って考えてる人もいるんですけど

これも違うと思うんですよ。

 

 

お弁当に例えるのなら、

 

 

ミートボールを、一から豚を育てて、

その肉で作る、みたいな。

 

 

これだと他の具材ができずに、

ミートボールだけのお弁当になります。

 

 

…ある意味個性的ではありますが。

 

 

これも、魅力的ではないですよね。

 

 

「1から個性を作り出そう」

としても、できるものじゃないんです。

 

 

そうじゃなくって。

 

  

好きなものを集めた「組み合わせ」が

その人の個性だと思うんです。

 

 

ミートボールでもいいし、

卵焼きでもいいし、

たこさんウインナーでもいいし。

 

 

自分の好きなものを、

クオリティが高すぎなくてもいいので

 

 

ちょっとずつちょっとずつ

集めていって。

 

 

で、自分の好きなものが集まったら

最終的に、その組み合わせが

 

 

「自分独自の、個性のある魅力的なお弁当」

 

 

を、作るんじゃないでしょうか。

 

 

例えば、

 

 

「野菜の多い、油を使わない健康的なお弁当」とか

 

 

「カロリーは気にしない、肉が多くてボリューミーなお弁当」とか。

 

 

これって、それぞれちゃんと個性もあるし

それぞれに魅力もあると思うんです。

 

 

だから、個性がほしいのなら

今自分の好きなものを組み合わせていけば

自然とできるんじゃないでしょうか。

 

 

「自分には個性がないから…」

 

 

って悩んでる人は、

無理に作ろうとしなくても

 

 

自分の好きなものを見つけていけば

それでいいと思うんです。

 

 

で、それを組み合わせていけば

それこそ「個性」ができるんじゃないかな、と。

 

 

ということで、今日は

 

 

「お弁当」というテーマをいただいたので

 

 

それをもとに書かせてもらいました。

 

 

「いや、テーマは

個性じゃないんかーい」 

 

 

って声が聞こえてきたところで

ここまでにしておこうかと思います。

 

 

では。

「自称・要領のいい人」ほど陥りやすい罠

こんにちは、おでです。

 

 

今日は、最近気づいた

 

 

「モチベーションが上がらなくて、

物事がうまくいかないとき」

 

 

の、話をしようと思います。

 

 

こんなことありませんか?

 

 

「今やっていることが

本当にあってるのかわからない…」

「もっとうまくいく方法ないのかな…」

 

 

みたいに、考えてしまうこと。

 

 

僕は、あります。笑

 

 

どうしても、要領ばかり求めて

 

 

「もっといい方法を…!」

 

 

って考えてしまうんですよ。

 

 

でも、大切なのは

「手段・方法」じゃなくって

 

 

大切なのは、「意図」なんですよね。

 

 

意図さえあれば、

何でもできるんです。

 

 

あ、あと元気も必要ですね。

元気があれば何でも…

 

 

冗談です。

 

 

話がそれました。

 

 

「なんかいまいちしっくりこない…」

「結局何がいいたいの?」

 

 

って言われそうですね。

 

 

例えば、考えてみてください。

 

 

「今年中に何が何でも

100万円を手に入れないて

ある人に渡さないといけない」

 

 

とするじゃないですか。

 

 

「100万円ないと

手術代が払えなくて家族が死ぬ」

 

 

とか。

 

 

そんなとき、あなたならどうしますか?

 

 

たくさん方法はありますよね。

 

 

考えてみてください。

 

 

借りるもよし、

バイト掛け持ちしまくるもよし、

募金を募るのもよし、

投資するもよし。

 

 

なんにせよ、絶対に

 

 

「100万稼いで家族を助けようとする」

 

 

じゃないですか。

 

 

優れた人っていうのは、

この「意図」を

 

 

どんな方法を使っても

達成する人だと思うんです。

 

 

で、僕みたいにどんくさい男は

 

 

この「意図」を意識せずに

 

 

「方法」だけ考えてしまう。

 

 

100万円のたとえでいうと

 

 

「どうやって100万円稼ぐか」

だけにフォーカスしすぎて

 

 

肝心の「家族を助ける」ことに

フォーカスできていないんですよ。

 

 

だから、

 

 

バイトだったら時間足りない」

「借りるのは恥ずかしい」

「もっとうまい稼ぎ方ないかな」

 

 

とか、考えちゃうんです。

 

 

それ考えている間にも、

刻一刻と時間は過ぎていくのに。

 

 

だから、意味のない失敗をするし、

モチベーションも下がっちゃうんですよね。

 

 

このたとえはかなり極端なんですけど

そういうこと、ありませんか?

 

 

今やっている『方法』

だけにとらわれて

『意図』を忘れていませんか?

 

 

「その先の意図」がないと、

方法ばかり考えてしまって、

うまくいかないんです。

 

 

今やっていることの「意図」って

ちゃんと考えていますか?

 

 

…と、いうことを

自分自身気を付けたいな、と思う

 

 

おででした。

 

 

では。

「まじめに勉強してきた高学歴」が一番人生損してる。

どうも、おでです。

 

 

寒いですね。風邪ひきました。

まじでしんどくて今結構困ってます

 

 

まあ、それはともかくとして

 

 

最近常々考えていることがあって

それを書かせていただきます。

 

 

高学歴ってすごい損だと思うんです。

 

 

「でた、自虐風自慢だ」

意識高い系がよく言うやつじゃん」

 

 

って思いましたよね。

 

 

別に、自虐自慢でも

意識高いわけでも何でもないです。

 

 

僕も一応阪大に通っていて

まあ一般的にはそれなりの学歴で

 

 

「わあい大手に就職確定じゃん」

「人生勝ち組ばんざーい」

 

 

みたいな扱いをされるんですけど

 

 

そのたびに思うんですよ

 

 

「そうじゃないんだよなあ…」

 

 

って。

 

 

あ、一応いっておきますけど

勉強は必要だと思いますよ。

 

 

世界の見え方も全然変わるし

世界の根本を支えているのは

間違いなく、学問ですから。

 

 

でも、なんていうんですかね

 

 

「受験のためだけの勉強」

してきちゃった人が

一番損してる、って言ったらいいんでしょうか

 

 

要領がよくって、

必要なところをしっかり押さえてて

 

 

そのうえで毎日ちゃんと勉強して

 

 

志望校にちゃんと受かって

それなりに過ごしている。

 

 

親戚からはちやほやされて

地元では軽いヒーロー扱いで

 

 

親も、満足そうにしている。

 

 

「お前どこ就職すんの?」

 「将来何になるの?」

 

 

って聞かれるたびに

 

 

(何になろうかなあ…)

 

 

って、割と余裕で悩める。

 

 

そんな人が、一番

人生損してると思うんです。

 

 

そう、完全にぼくらです。笑

 

 

そういう高学歴の人って、

 

 

何か新しいこととか始めたくても

今までのものを「捨てられない」んですよ。

 

 

だって、受験において

人一倍努力してきてますもの。

 

 

毎日好きなもの我慢して

勉強の優先度高くして

 

 

親にも支えてもらって

友達とも共に頑張って。

 

 

で、そんな積み重ねの上に

今の自分があるんですよね。

 

 

必死に、必死にやってきた結果の。

 

 

そりゃ、その積み重ねたものを

無駄にしたくないじゃないですか。

 

 

そもそもの話なんですけど

 

 

人は、積み重ねものやその結果得たものを

手放すことを嫌うものなんです。

 

 

簡単な例を出します。

 

 

考えてみてください。

なんでかわからないですけど、

 

 

今はもうやっていないのに、

昔やってたゲームのデータって

消しにくくないですか?

 

 

もっと細かいところまでいえば、

 

 

ポケモンの最初にもらえるパートナーとか

一緒に旅してきたポケモンって

 

 

育てれば育てるほど

手持ちから外したくなくなりませんか?

 

 

サトシだって、ずっと

ピカチュウを連れてますし。

 

 

まあアニメなので

ゲームと大幅に設定が違いますけど。

イワークに10万ボルト効きますもんね。)

 

 

それはそうとして

 

 

それって、ただ

用意されたストーリーを

こなしていくだけならいいんですよ。

 

 

ジムリーダー倒して

四天王倒して

チャンピオンになる…

 

 

それだけなら、別にいいんです。

 

 

でも、もし

ポケモンバトルの世界大会に出るなら

 

 

一緒に旅してきた

パートナーを、愛着だけで

手持ちに入れてしまっていて

 

 

しかも、バトルで使ってしまったら、

 

 

恐らく、いえ

 

 

確実に負けるんですよ。

 

 

本当に勝ちたいのなら、

同じポケモンを使うとしても

 

 

一緒に旅してきたポケモンは連れて行かずに

 

 

何度も何度も卵を産ませて

「強い才能を持ったポケモンが出るように」

厳選しないといけないんですよね。

  

 

中途半端にプレイする人、

つまり、用意されたストーリーを遊んで

それなりに楽しむ人は

 

 

別にこんなことしなくてもいいんです。

 

 

でも、その先にいきたい人、

 

 

すなわち

 

 

ちゃんと対人で勝てるように

強くなりたい、あるいは

 

 

世界大会に出てみたい、という人は

これじゃダメなんですよ。

 

 

一度積み重ねてきたものや

共に旅してきたポケモン

切り捨てないといけないんです。

 

 

ポケモンですら、嫌ですよね。

 

 

「せっかく育ててきたのに…」

 

 

ってなりますよね。

 

 

…積み重ねてきたものを

切り捨てるのは、みんな嫌なんです。

 

 

まして、今までで一番時間と労力を

費やしてきて物を捨てるなんて

正気の沙汰じゃないんですよ。

 

 

でも、

 

 

本当にやりたいことをやるとき、とか

 

 

「さらに高い次元に行きたい人」

「本当に成功したい人」

 

 

たちは

 

 

今まで積み重ねてきたものをある程度

「切り捨てていかなきゃいけない」

と、思うんです。

 

 

それが一番できないのが、

「まじめに勉強してきた高学歴」

 

 

なんですよね。

 

 

だって、今までですでに

たくさんのものを

積み重ねてきてしまったから。

 

 

いまさら、それを捨てたくないから。

 

 

「何か新しいこととか

もっと違うこととかしてみたいけど

なかなか始められない!!!」

 

 

「本当は他にしたいことあるけど、

周りのこと考えると無理だよ…」

 

 

っていう人の多くは

もしかして、「まじめな高学歴」

の人なんじゃないかな、と

 

 

一人で勝手に、思いました。

 

 

でも、人生って1回きりじゃないですか。

それに、きっとこれまでの人生よりも

 

 

これからの人生のほうが

もっと長いじゃないですか。

 

 

…だから、もしやりたいことあるなら

 

 

「今まで積み重ねてきたもの」を捨てて

やってみても、いいと思うんです。

 

 

「お前が言うなよ」

「じゃあお前はやってんのかよ?」

 

 

なんて言われそうですね。

僕自身、まだできていません。

 

 

だから、こういう悩みを持った人と

みんなで一緒に

 

 

「本当にやりたいこと」

 

 

を、僕もやれたらいいな、という

自分への言い聞かせとして

 

 

この記事を書いています。

 

 

…最後に一つ

ガチでポケモンやってる人の中で

有名な言葉をご紹介しますね。

 

 

「殿堂入りまでが、チュートリアル

 

 

ポケモンにおいて、

より高いところを目指している人、

 

 

つまり対人を目的としている人は

 

 

ただ捨ててるんじゃなくて

それまでのものを捨てた分、

 

 

そのあとにはちゃんと

時間と労力をかけているんですね。

 

 

ポケモン1匹育てるのに、

5時間、6時間とか

 

 

下手をすれば1週間以上

かかることもあるんです。

 

 

 だから、「用意されたストーリー」

を終えたあとのほうが

 

 

よっぽど努力しているし

よっぽど大変なんです。

 

 

その代わり、そっちのほうが

何倍、何十倍も面白いんですけどね。

おでです。

どうも、おでです。

 

自己紹介します。

 

大阪出身、大阪大学3回生、21歳。

 

今まで、匿名で結構いろいろブログ書いてきました。

 

(ばれると恥ずかしいし消したのも多数)

 

黒歴史もそりゃあもういっぱいあります。

 

今回は、 まあ割とちゃんと

ブログ始めました。

 

別に文句とか愚痴を

つらつらと書いていくわけじゃなくて

 

「日々感謝、感動、成長!」みたいな

意識高いことがりがり書くわけでもなくて

 

日々思ったことをのんびり書いていこうかな、と

 

飽きるまで、ただ淡々と。

 

日々のアウトプットが多くなる気がするので

 

特に今までの俺を知っている人なら

 

「え、お前そんなキャラだっけ」

「また怪しいこと考えてるの?」

「なんか意識高いね。きもい。」

 

なんて言われる気もします。

 

正直別にそれでいいです。

 

だって、俺この1,2年で

めちゃくちゃいろんなこと

経験してきてしまったから。

 

そりゃ考え方も人も変わるよ、

って感じですわ。

 

色んなサークル見に行って

結局なんにも入らなかったり

 

色んな自己啓発本とか

投資の本とか読んでみたり

 

バイト先がケイオスなことになって

死ぬほど働いたり

 

ガチでポケモンにはまって

世界大会目指そうとしたり

(3日であきらめた)

 

江戸川コ〇ンの

二次創作にはまりそうになったり。

 

ここに書けることは、これくらいです。

 

もっといろんなことをやらかして

もっといろんな挫折も味わってきました。

 

本当にいろんなことがありました。

それまでの20年間は

いったい何だったんだ、っていうくらい。

 

そりゃ人も変わりますよ。

 

そんな僕のアウトプットなので、

今までの僕とは違和感があるかもしれません。

 

矛盾しまくり、ミスりまくり、誤解しまくり。

 

そんな記事を書いていきます。

 

ってことで、よろしくね。