読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おーでころん

日々、思ったことをつらつらと書いていきます。意識高いわけじゃなくて、日々考えて生きたいだけ。

「個性」は身に着けるものじゃない。

どうも、おでです。

 

 

ブログを始めて3日目。

  

 

いきなりリクエストもらったので、

そのことについて

書かせていただきます。笑

 

 

いきなりなんですけど

 

 

あなたの個性って何ですか?

 

 

「そんなのこたえられないよ…」

「うーん、自分ではわからないな…」

 

 

って声が上がってきそうですね。

 

 

なんか、よく

自分の個性について

悩んでる人がいるんですけど

 

 

個性って、自分で作ろうとしても

できないと思うんですよ。

 

 

これは僕の意見なんですけど、

 

 

その人の個性って

手作り弁当と同じだと思うんです。

 

 

「意味が分からない」

「しょうもないたとえだな…」 

 

 

と言われそうですが

1分だけ、僕に説明の時間をください。

 

 

人を、一つのお弁当だとしましょう。

 

 

無理に個性を作ろうとする人は、

 

 

おかしいと分かっているのに

とにかく「変わったお弁当」を作ろうとしてる

 

 

そんなイメージです。

 

 

例えば、ご飯にクリームかけるとか

チョコレートをまぶしてみるとか。

 

 

明らかに、おかしいですよね。

 

 

一見個性的には見えますけど

これって、変わったことをしているだけで

 

 

魅力はないじゃないですか。

 

 

あるいは、

 

 

「個性=オリジナル=1から作り出すもの」

 

 

って考えてる人もいるんですけど

これも違うと思うんですよ。

 

 

お弁当に例えるのなら、

 

 

ミートボールを、一から豚を育てて、

その肉で作る、みたいな。

 

 

これだと他の具材ができずに、

ミートボールだけのお弁当になります。

 

 

…ある意味個性的ではありますが。

 

 

これも、魅力的ではないですよね。

 

 

「1から個性を作り出そう」

としても、できるものじゃないんです。

 

 

そうじゃなくって。

 

  

好きなものを集めた「組み合わせ」が

その人の個性だと思うんです。

 

 

ミートボールでもいいし、

卵焼きでもいいし、

たこさんウインナーでもいいし。

 

 

自分の好きなものを、

クオリティが高すぎなくてもいいので

 

 

ちょっとずつちょっとずつ

集めていって。

 

 

で、自分の好きなものが集まったら

最終的に、その組み合わせが

 

 

「自分独自の、個性のある魅力的なお弁当」

 

 

を、作るんじゃないでしょうか。

 

 

例えば、

 

 

「野菜の多い、油を使わない健康的なお弁当」とか

 

 

「カロリーは気にしない、肉が多くてボリューミーなお弁当」とか。

 

 

これって、それぞれちゃんと個性もあるし

それぞれに魅力もあると思うんです。

 

 

だから、個性がほしいのなら

今自分の好きなものを組み合わせていけば

自然とできるんじゃないでしょうか。

 

 

「自分には個性がないから…」

 

 

って悩んでる人は、

無理に作ろうとしなくても

 

 

自分の好きなものを見つけていけば

それでいいと思うんです。

 

 

で、それを組み合わせていけば

それこそ「個性」ができるんじゃないかな、と。

 

 

ということで、今日は

 

 

「お弁当」というテーマをいただいたので

 

 

それをもとに書かせてもらいました。

 

 

「いや、テーマは

個性じゃないんかーい」 

 

 

って声が聞こえてきたところで

ここまでにしておこうかと思います。

 

 

では。